« 三浦半島を走る | トップページ | 連休明け »

2005.07.18

横浜カレーミュージアム

昨日の天気が今日のような晴れだったら死んでいたかもしれない。ともあれ今日は全面休養日と思って朝から「はまなるマーケット」を見ていたら、今日の特集はカレー。そういえば昨日三浦からの帰りにカレーミュージアムの話をしていたことを思い出した。今日の昼はカレーミュージアム!と全面休養を放棄して横浜に出かけた。

kyuukyoku横浜の伊勢佐木町まで渋滞さえなければ車で30分ほど。さすがに昼過ぎの時間帯とあって各店舗とも待ち時間が最短15分、最長40分と出ている。最近出店した「湘南カレー」と福岡の「焼きカレー」の待ち時間が長い。前に来たときからあるのはインドカレーの「ハヌマーン」と「パク森」くらい。屋台形式の店舗が6−7店あって真ん中にテーブル席がある。こちらの方が空いている。とりあえずテーブルを確保して、デリーの「カシミールカレー」、木太郎の「チキンカレー」、五右衛門の「カレーうどんというあたりを攻めてみる。みなお試しサイズの小盛り。やはりデリーのカシミールカレーの辛さはいける。木太郎はレトルトではよく食べるのだが、レトルトとの違いはよくわからない。
その後に店舗の行列につく。待っている間に流れている昔のカレーのテレビコマーシャルがおもしろい。雁の助の「インド人もびっくり」やら南利明の「ハヤシもあるでよ」仁鶴の子連れ狼など。15分ほど並んで「ハヌマーン」でチキンマサラとほうれん草のカレー。こちらは待った割りには両方とも期待はずれ。ナンもぺたっとして今ひとつ。
帰りにレトルトカレーの展示をみる。実に壮観。カレーミュージアム特製の「究極のカレー」というのを購入。
帰りも渋滞なくスムースに帰還。高速と駐車場代をあわせると高いカレーである。

|

« 三浦半島を走る | トップページ | 連休明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/5028812

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜カレーミュージアム:

» 『横浜カレーミュージアム ハヌマーン』 [Curry Life!]
●チキンカリー ここでしか食べれない伝説のカレーだということで、 一番期待していたカレーだったのだが、 残念ながら、全くの期待はずれだった。 一言で行ってしまうと、いわゆる普通の、コクのないインドカレー。 マトンカレーも喰ったが、チキンカレーとほとん...... [続きを読む]

受信: 2005.09.04 18:07

« 三浦半島を走る | トップページ | 連休明け »