« 電子カルテ導入記その5 | トップページ | 電子カルテ導入記その6 »

2005.07.22

電車男

昨夜みたTVドラマの「電車男」のことを書こうと思っていたら、そのまま寝てしまった。朝起きて思い出そうとするのだが印象が薄いのか思い出せない。2ちゃんねるも本も映画も見ていないのでTVだけの印象を記すが、「電子掲示板」というものが介在しなければできのよくない恋愛物語というところか。

というようなことを書き始めるほど今日は閑である。ただいま待ち時間ゼロ。予約もしばらく入っていない。そろそろ夏休みモードに突入である。
わんさか来ていたヘルパンギーナや手足口病も急にいなくなった。夏休みでしばらくこれないからお薬長目にくださいというリクエストが多くなる。これからしばらくはこのペースで行くことになりそう。
で、「電車男」の方に戻るが、秋葉系ってくくられる人達がいるわけだ。あるいはそういう人たちに特有のファッションをさして言うのかもしれない。私らが若い頃にも秋葉原通い詰めの人種がいてどちらかといえば自分もそういう部類だった。丸いプラスチックのお皿に抵抗とかコンデンサとか取り分けてポケットでくしゃくしゃになったメモと照らし合わせていたあのころを思い出す。私の場合は大阪は日本橋だったが、あまり共通のファッションなんてなかった。どうも違うな。今、秋葉系というのはそういう電子部品調達、ジャンク屋巡り系ではなくて、フィギュアのコレクションとか、ゲームとか、コスプレとかにはまっている人たちをメインにしているようだ。電子部品オタクが言うのも何だが、ちょっとキモイという感じ。

|

« 電子カルテ導入記その5 | トップページ | 電子カルテ導入記その6 »

コメント

お久しぶりです。
お久しぶりのコメントが電車男の話ってのもなんですが・・・(^^;
私は本になったものを読んだだけですけれど、女性がうぶな男性を意のままに操った、という話に読みました。
それをみんなが逆シンデレラストーリだというのなら、いいのですけれど。

投稿: Naoi | 2005.07.25 12:50

どうも、ご無沙汰です。
ああいう「うぶな」男性がいかにもいそうで、それ故に共感を呼ぶというところがどうも感覚として納得できないのですね。もっともらしい「おとぎ話」なんでしょうか。

投稿: 院長 | 2005.07.25 22:47

職業柄、まわりにも、女性は二次元がいい、といった偏向した男性が少なからずいます。また実際案外とうぶなんじゃないかな、と思わないでもないです。

人間関係に関する世代論みたいなものも、考えてしまいます。
私の読後感は「女にはかなわないな」でしたが、回りの独身男性は「エルメスちゃん萌え~」でした。女性について、どこかで思考停止しているような怖さを感じました。
彼女できた、よかった、から先の、酸いも甘いもある、山あり谷ありを、そんな調子で大丈夫なんだろうか、という余計な心配をしてしまいました。
あんまり聖視しすぎると、幻滅が大きくないかなあ、ト。

投稿: Naoi | 2005.07.29 09:53

今日「エルメス」さんという差出人で「電車男みたいな恋がしたいです」というタイトルの出会い系サイトのジャンクメールが入っていました。フィルタかいくぐってました。

>「オタクの人とかも、一生懸命なところが母性本能をくすぐるんですよね…。
>私はエルメスみたいに端正な人じゃないかもだけど…
>よければ、私達もネットから恋愛始めてみませんか?
>連絡先の交換とか、したいです。」

だそうです。つい、全部読んじゃったじゃないか、、
「電車男」も恋愛ジャンルとして確立したのでしょうかねえ。

投稿: 院長 | 2005.07.31 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/5092264

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男:

« 電子カルテ導入記その5 | トップページ | 電子カルテ導入記その6 »