« ヘルパンギーナ?! | トップページ | またも月末 »

2005.06.29

電子カルテ導入記その3

「電子カルテ」というのはコンピュータなどのハードウェアとプログラムのソフトウェア、さらにそれを連結したりメインテナンスするためのネットワークシステムから成り立っている。今日はハードウエアのセットアップの残りとネットワークの設定。

電子カルテのWINE Styleも医事会計システムのORCAもプログラムのメインテナンスはネットワークを通した遠隔操作で行うことになっている。最初はともかく、運用を開始したらいちいち担当者が出かけなくてもいいというシステム。今はこういうのが当たり前だ。今まで使ってたルーターでは遠隔操作のシステムが使えないのでルーターを交換した。これだけならどうということはなかったのだが、各マシンにIPアドレスを振ってネットワークの設定をするときに今まであったWeb予約システムのIPアドレスが無効になってしまったらしい。Web予約がストップしてしまった。再起動を繰り返しても戻らないので予約システムのK氏に電話した。事情を話すとすぐに状況を把握してIPアドレスの問題らしいということがわかったが、Web予約システムの会社は福生にある。じゃ、今から行きますからとK氏は非常に腰が軽い。2時間かけてやってきた。やはり問題はIPアドレス。これはルーターの再設定で治った。ついでにリモートメインテナンスの再構築。これまでのリモートメンテナンスの設定は先日生まれ変わったPowerMacG4のOS9の中にあった。PowerMacG4は生まれ変わっているのでそんな設定はどっかに行っている。なんか、長い時間をかけてOSXに設定し直していた。
電子カルテと予約システムの業者さんがかち合って作業することになってなかなか大変な午後になった。
電子カルテの方は一応動くようにはなったがまだ環境が設定されていない。これから処方や検査などのクリニック独自の情報を入れていくことになる。これまでのレセコンのデータを新しいシステムに移し替えるのがなかなか大変な作業になりそうだ。

|

« ヘルパンギーナ?! | トップページ | またも月末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/4763553

この記事へのトラックバック一覧です: 電子カルテ導入記その3:

« ヘルパンギーナ?! | トップページ | またも月末 »