« 週明けの発熱多し | トップページ | TigerとiDisk »

2005.06.15

雨の1歳6ヶ月検診

昨日は銀座で中学高校の同級会。タクシーで帰ったが、そのまま轟沈。
今日は午後から保健所での1歳半検診。帰って昼寝でもしたい気分なので、出かけるのが結構つらい。昼飯は例によってラーメン「むつみ屋」。

雨の時は検診の受診者が少ない。ふだんなら50人以上のところが40人ちょっと。3時過ぎには終了。
O脚とか内反足とかの整形外科関係の相談が続いた。こういうのが得意な小児科医ってあまりいないのではないかと思うのだが、これまでの指導にはちょっと疑問符が付いた。1歳検診(個別の自費検診)の時にO脚と言われたそうだ。赤ちゃんはみなO脚なのだけれど、この子のはそれを超えていると言われたそうだ。心配なら専門医に相談してくださいと言われたというのだが、そんな言われ方したら心配に決まっているじゃないか。専門医に診せないのなら1歳6ヶ月まで様子をみて検診の時にそのことを言ってよく見てもらいなさいと言われたので相談しましたという。検診で心配させるようなことだけ言って自分では心配事の解決策を示さず、後にツケを回すというパターン。保健所の検診をやるようになってこのパターンによく出くわす。自分がみて判断がつかないのなら判断のつくところに紹介するのが筋ではないか。「専門医を紹介します」ではなく「心配なら専門医に診せなさい」は卑怯。親の判断で行けば何でもなかったときに恥をかかなくてすむということか。わからないならわからないでちゃんとそう言えばいいではないか。個別検診で診ているのだから、自分で経過観察する手だってある。
内反足を疑われた子はきちんと専門医に紹介されていた。

|

« 週明けの発熱多し | トップページ | TigerとiDisk »

コメント

子を育てるのはたいへんだけどがんばって

投稿: 元気出して | 2005.08.18 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/4568307

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の1歳6ヶ月検診:

« 週明けの発熱多し | トップページ | TigerとiDisk »