« グループホーム | トップページ | ヘルパンギーナ?! »

2005.06.27

熱中症の講演

熱中症の季節。毎日のように熱中症発生の新聞記事を見るようになった。校医をしている中学校で5時限を使って熱中症を予防するための講演をした。対象は全学年。

この講演会はイオン飲料を発売している飲料メーカーがスポンサーとなって各地の学校で開かれている。講師はできるだけその学校の校医ということらしく、ちょうど月曜日の昼、保育園の検診のない週なので引き受けることにした。ふつうは体育館に全校生徒を集めての講演会となるのだが、この学校はなかなかそういう形にすると「静粛」を保てないそうだ。そこで、放送室の「スタジオ」からテレビ放送して生徒はクラスごとに教室のテレビで見ることになった。いまどき中学校の放送室は本格的である。担当の先生がキューを出して、講演を始める。隣でメーカーの担当の方がフリップを持って座っている。カメラは私とフリップを交互に映す。カメラを切り替えてというほどの技はないようだ。ところでこの放送室、なんとエアコンがない。窓を開けると雑音が入るので始まったら締め切りになる。さすがに小一時間いるとこの天候ではきつい。講師が熱中症ではしゃれにもならない。まあ、幸い死人もでずに(当たり前か)無事放映は終了。カメラに向かってしゃべるだけの一方通行なので生徒の反響はわからないが、まああんなものだろう。2週間後には別の中学校で同じ講演をやる。こちらは体育館に全校生徒を集めるようなので生の反応を見ることができる。

|

« グループホーム | トップページ | ヘルパンギーナ?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/4732618

この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症の講演:

« グループホーム | トップページ | ヘルパンギーナ?! »