« スリランカカレー | トップページ | 父の日と母の日 »

2005.06.18

鼎泰豊

台北で食べた小籠包のお店「鼎泰豊(ディン タイ フォン)」は近くにもあったのである。台北の行列店と知らずに入ったこともあった。
本店とどう違うか、検証のために再訪した。

玉川高島屋の新南館オープンの時に開店した。今はさほどの行列ではない。やはり台北の本店前の混雑は尋常ではなかった。
shouronpou tantan本店では一人前のせいろに小籠包が10個なのだが、日本では6個。せいろの底に敷いてあるレース状のシートのおかげで離れやすくなっていて皮が破れてスープが流れ出す事態を防いでいる。白菜を敷くより有効。
担々麺。水菜を中心に野菜たっぷり。ラー油をかけて食べるのだが、かける量がすくなかったのだろうか、あまり辛くない。ただいまおすすめのメニューだそうだ。
shouronpou2台北本店の小籠包はこの通り10個入り。底に敷いてある敷物も目が細かくてちょっと違う。

|

« スリランカカレー | トップページ | 父の日と母の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/4613530

この記事へのトラックバック一覧です: 鼎泰豊:

« スリランカカレー | トップページ | 父の日と母の日 »