« フィオーレの森 | トップページ | 遠足 »

2005.05.19

喘息SOS

息子は小さいときから喘息があって、1歳過ぎた頃に一度だけ入院したことがある。点滴を引きちぎったりして入院生活は大変だった。母親付きの入院で母子ともに入院はこりごりということになった。このときを契機に禁煙することにした。本当に禁煙できたのはもっと後になってからだが、喘息児の親がタバコ吸っていてはどうもこうもならん。ましてそれが医者だった日にはみっともなくて表も歩けない。

その後息子の喘息はだんだんと軽くなり、成人してからもたまにゼーゼーするようだが、気管支拡張剤をその都度内服するだけでおさまっているようだ。
息子の方はそれでよしなのだが、喘息などなかった娘の方が昨日あたりからゼーゼーするという。社会人になって生活も不規則、余計なストレスもかかるのだろうか。今朝、ゼーゼーすると相談されて、じゃ聴診してみるから胸出しなさいと言っても胸は出さない。お父さんだと思わないでお医者さんだと思いなさい。ヤダ!。仕方ないのでシャツの上に聴診器を当てたが、かなりはっきりした喘鳴が聞こえる。吸入した方がいいなと言ったが会社を休むわけにいかない、遅刻もしたくないと強情である。息子の取り置きの薬をのませて、とりあえず出かけた。昼過ぎに電話が入る。薬効かない。苦しいという。娘の職場の近くに私が開業するまで勤務していた病院がある。そこに行きなさいと言ったが、まだ職場をぬけることに躊躇している。一度電話を切ったが、しばらくしてまた電話。病院に行くことにした、どうすればいいという。知り合いの呼吸器科のドクターに電話して診てもらうことになった。成人の初発の喘息はやばいこともあるので心配したが無事落ち着いたようだ。今日くらいは早めに仕事を切り上げて帰ってくるのかと思ったが、いつもの終電ペースに戻ったようで帰ってこない。新人OLと言っても勤務状況は私の若い頃の研修医のようだ。

|

« フィオーレの森 | トップページ | 遠足 »

コメント

喘息、発作になると辛いですよね。
私は欽ちゃんの番組見て爆笑しただけで発作起こしたことがあります・・・なんかマヌケだ(-_-;
そのときは中学生になっていて、喘息の発作のために小児科にかかるということも殆どなくなっていた時期でした。
寝る時間になっても発作が治まらず、結局枕を肩甲骨の下に敷いて無理やり気道をあける形になって寝たら治まりました(^^;
今日夕方から雨が降ったのですが、その1~2日前から頭痛がする人、アトピーで肌がむずがゆくなる人、喘息で気管支の調子がどうも、、という人が私や私の周りに何人かいます、、、関係あるんでしょうか???

投稿: nora | 2005.05.22 21:44

「発作」の認識なんですが、娘は発作時に使うようにと言われた吸入薬を使おうとしません。じっとしていれば苦しくないから今は「発作」じゃないというのですな。まあ、喘息に関しては初心者だから仕方ないのかもしれませんが、じっとしていれば苦しくないというのは動くと苦しいということですから、これは立派な「発作」。そのあたり、「気管支が弱い」とかで納得している人と同じ。気管支に強いも弱いもありません。喘息を起こす気管支と起こさない気管支があるだけです。

投稿: 院長 | 2005.05.22 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/4198598

この記事へのトラックバック一覧です: 喘息SOS:

« フィオーレの森 | トップページ | 遠足 »