« 電子カルテWINE Style | トップページ | 喘息SOS »

2005.05.18

フィオーレの森

保健所の一歳半検診で溝ノ口に行く。保健所の「関係者入り口」が右折で入りにくいのでそのまま通り過ぎて、昼飯は「フィオーレの森」へ。9年くらい前にできて、当時はここが「溝ノ口」とは思えないと思ったものだが、やはり今でもミスマッチ。

hotaruikaamand「フィオーレの森」というのは複合施設で、レストランやショップ、結婚式場などがヨーロッパスタイルのレンガ基調の建物に入っている。建物の間には中庭がひろがっている。ルナ・ロッサというフレンチレストランが開業当時からあって、そのころは「オーベルジュ」つまり宿泊施設もある料理宿を名乗っていた。誰が泊まるのだろうかと思っていたのだが今は宿泊はできないようだ。近所の知り合いが、できたころすぐに行って「とりあえず、ビール」と言ったらビールはありませんと言われたそうだ。私がはじめて行った頃にはテラスでみなビールを飲んでいた。何年ぶりかでランチを食べた。一番安いAランチが、サラダ、パスタ、デザート、コーヒーで1500円。今日は「ホタルイカのパスタ」。見渡すとたいていがこのAランチ。席は8割方埋まっているので、そう苦戦はしていないのかなと思う。問題はディナーだろう。開業当時、シェフは蕎麦打ちに凝っていて昼に2階の大テーブルで予約制の蕎麦懐石をやっていた。二度ほど行ったのだが、やはり蕎麦は蕎麦屋の方がうまいという結論で行かなくなった。蕎麦を予約して食べるなんて、それも確か2000円くらいだったと思う。商売がまだバブルを引きずっていたのか、いやもうとっくにはじけてたな、などと懐古趣味にひたる。そんなことで、このレストラン群のことを思い出した。当時結婚式場だったところはイタリアンレストランになっていた。蕎麦道場というのができていて最初はそこが目当てだったのだが、お客相手の店は閉まっていた。今来てみても、やはりここは「溝ノ口」ではないなという印象だ。

|

« 電子カルテWINE Style | トップページ | 喘息SOS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/4187854

この記事へのトラックバック一覧です: フィオーレの森:

« 電子カルテWINE Style | トップページ | 喘息SOS »