« 5月病か | トップページ | 13日の金曜日 »

2005.05.12

フロッピーディスク

「溶連菌感染症」の原稿が完成したので出版社に送る準備をする。患者さんの協力もあって何とか見て診断のつく写真が撮れた。あれだけ撮っても使うのは3枚。

ほとんどの出版社で入稿は「テキスト形式」か「Microsoft Word」ということになっている。「一太郎」や「EGWord」では受け付けませんということ。こういうところでもMicrosoft暗黒帝国の支配が行き渡っている。今はWindowsとの互換性がないと不便なので仕方なくWordを使ってはいるが、こういう重戦車みたいなワープロは本当は要らない。MacWriteIIの軽快さが懐かしい。原稿は紙に打ち出したものとフロッピーでということになっているが、このフロッピーというところが困る。今の私の環境でフロッピードライブがついているマシンは20thAniversaryMacintoshだけ。これはOS8.6で一応動態保存しているので自宅でコピーはできるだが、6万画素のデジカメ画像3枚は1.3Mbのフロッピー1枚にはとうていおさまらない。文章だけなら相当の長文でも入るのだろうが、画像付きはもうダメ。フロッピーディスクもかなり前から過去の遺物となりつつある。出版社も原稿依頼のセットにフロッピーを同封するのはやめにしてCDかDVDにする時代だろう。今回はCDに焼いて送ることにする。

|

« 5月病か | トップページ | 13日の金曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/4100451

この記事へのトラックバック一覧です: フロッピーディスク:

« 5月病か | トップページ | 13日の金曜日 »