« 学生見学実習 | トップページ | 学校検診 »

2005.04.12

ロタとインフルエンザ

ふだんの年ならとっくに消えているロタウイルスの胃腸炎とインフルエンザがしぶとく続いている。
どちらも、保育園が感染源のようだ。

保育園で流行っているという情報がなければただの風邪ですませてしまうような症状でも、調べてみればA型インフルエンザ。4月になって免疫のないゼロ歳の新入りが入ってきたために収まりかけていた流行にまた火がついた格好だ。ただ、乳児のインフルエンザは一般的に軽症であることが多い。小さな子がかかったら大変だという心配はあまりない。今シーズンは原則としてゼロ歳児にタミフルは使わないという方針で通したが、それで重症化して大変という例はなかった。タミフルを使わないとインフルエンザは治らないという「伝説」をなんとか覆すようにしないといけない。
ロタウイルス胃腸炎も3月後半から増えだした。クラス全滅の保育園もある。ロタウイルスは登園の基準が難しい。感染の心配がなくなるまでというと1週間や10日は休まないといけない。なかなかこれは現実的ではない。下痢の回数が減って元気が出てきたので登園すると感染源になる。症状もまちまちで、ほとんどの例では口からの水分補給で大丈夫なのだが、中には点滴が必要になる子もいる。下痢と嘔吐でかかるとたいていが点滴というところもあるようだが、本当に点滴が必要な子どもはごくわずか。点滴をありがたがる風潮があるのが困るところだ。

|

« 学生見学実習 | トップページ | 学校検診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/3676408

この記事へのトラックバック一覧です: ロタとインフルエンザ:

« 学生見学実習 | トップページ | 学校検診 »