« 三浦マラソン | トップページ | スーパー戦隊クラブ »

2005.03.07

入園児検診

園医をしている保育園の入園児検診にでかけた。この公立保育園はゼロ歳児を含めて120名が定員で、新入園は26名。すでに入園は決定しているので検診は入園後の問題の有無をチェックすることにある。

いちばん問題なのは予防接種歴。特にはしかのワクチンのチェックが重要。1歳を過ぎて未接種だったのが2名いた。これは厳重注意、入園までにすませておくように話する。
昨年まではゼロ歳で保育園に入園する子どもに対しては、9−10ヶ月頃に自費ではしかワクチンを接種するように勧めていた。しかし、ここ3年間クリニックでも保育園でもはしかを見ないこと、昨年の統計で国内のはしか患者数が相当減っていることもあり、「1歳になったらワクチン接種」を徹底することに力点を置く方が現実的と思われる。もともと任意接種を強制することもできなかったわけだし。もちろん希望者にはゼロ歳児の麻疹ワクチンの接種をおこなうことに変わりはない。
インフルエンザは明らかに減ってはいるのだが、いつも流行遅れの人はいるもの。迅速検査が陽性で学校を尋ねてみたらとっくに学級閉鎖が解かれた学校だったりする。当たり前だが、流行するルートは一つではない。今日は月曜日とあって、インフルエンザの新患数は多かったが、明日あたりから減ってくるだろうと予測している。

|

« 三浦マラソン | トップページ | スーパー戦隊クラブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/3212317

この記事へのトラックバック一覧です: 入園児検診:

« 三浦マラソン | トップページ | スーパー戦隊クラブ »