« 初フルでサブフォー | トップページ | 年度末とある閉店 »

2005.03.30

銀婚式

私事で恐縮だが実は今日が25回目の結婚記念日だった。私たちを知る人たちは2ヶ月と持つまいと思ったそうだ。それが25年だ。その相方は、昨日からタミフルを飲んで寝込んでいる。こういう間の悪さがこの25年を象徴しているのかもしれない。

結婚記念日に家族で食事に行こうということになっていたが、みんなの都合がなかなか合わない。娘は入社式もまだなのに打ち合わせが入っているという。結局、30日はバーレーン戦もあるしと言うことで前日の29日に決まった。場所はちょっと張り込んで都内の老舗のふぐ屋。娘の卒業祝いとか息子の誕生日とかそういうのもついでにやってしまおうという魂胆。
ところが朝からカミサンの具合が悪い。頭痛、吐き気で起きられない。熱もあるようだ。昼頃まで様子を見たが結局インフルエンザと診断。ふぐ屋にキャンセルの電話を入れる。ふぐ屋の当日キャンセルが厳しいのは知っている。それでも、できるだけ早くと思って12時から電話を入れるが誰も出ない。1時だめ、2時だめ、やっと3時過ぎに老主人と思われる人が出た。大変申し訳ないのだが、主賓が体調を崩して行けなくなったのでキャンセルさせていただきたい、と申し出た。そうしたらそのじいさんが大変な剣幕で怒り出した。うちは、予約だけでやってるんだからそれは困る。誰か代わりの人を見つけて来てくれという。代わりの人と言われても、そうねえ、いれば喜んで連れて行くけど、、とは言わなかった。それは、無理ですと言うと、どこの会社だ、あんたは。それならキャンセル料もらう。こんなことしたら2度目はないからな。もう、店の主人が客に言う口調ではない。どこの会社だと、また聞くので、いや個人で予約してるのですがというと、もう2度目はないからなとまた言って電話を切った。どうもこの店、社用での利用者ばかりのようだ。
九州から直送の天然ふぐを前日に締めて一晩寝かせてから出すのが自慢だそうなので、当日代わりの客が見つからなければ店に損害を与えるのはわかるし気の毒に思う。だが、予約時に当日のキャンセルは100%支払いという話はなかった。こちらだってせっかくの記念日にキャンセルは残念で仕方ないのだ。そもそもこういう商売をしていればリスクとして計算してなくてはいけない。女将さんが電話に出ていたらたぶんこういう対応にならなかったのだろうなとは思う。
この店がキャンセルのポリシーを公表しているのかどうか、グルメサイトをあちこち見てみた。どこにもそんなものはなかった。それより気になったのは、4年前に初めて行ったときは予約を取るのが大変だったのが今回は簡単に予約が取れたこと。よく見に行くサイトでは最新のレビューが2003年10月だったこと。
結局、寝込んだカミサンも、ドタキャンされた店の主人も、電話して思い切り不愉快な思いをした私も、誰もハッピーではなかった。今回が3度目の利用だったが、電話帳からこの店を「削除」した。

|

« 初フルでサブフォー | トップページ | 年度末とある閉店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/3501846

この記事へのトラックバック一覧です: 銀婚式:

« 初フルでサブフォー | トップページ | 年度末とある閉店 »