« インフルエンザ、ゼロの日 | トップページ | 多摩丘陵を走る »

2005.03.26

スウィング・ガールズ

封切りの頃、何人もの人から面白いよと勧められながら見逃してしまっていた。DVDになったら買おうと思ってアマゾンに予約をしていたら数日前に届いた。イラン戦など忙しい日々が続いていて今日やっと観た。

音楽劇で楽器素人の出演者が演奏するといえば「上海バンスキング」を思い出す。「Sing Sing Sing」はどちらでも演奏されてる。この曲はノリがよくてクライマックスに持ってこいだ。女子高生とジャズバンドをどう料理するのかと興味があったが、役者がぴたりのはまり役で成功している。はまり役を見つけて、一からトレーニングをして、クライマックスの音楽会のシーンになだれ込む。これがみなうまくいったようにみえる。演奏シーンはわくわくものだ。
最近は「ごくせん」とか「ウォーターボーイズ」とかの高校生ものを観て目が潤んでしまう。年取ったせいなのだろうか。

|

« インフルエンザ、ゼロの日 | トップページ | 多摩丘陵を走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/3451823

この記事へのトラックバック一覧です: スウィング・ガールズ:

« インフルエンザ、ゼロの日 | トップページ | 多摩丘陵を走る »