« 花粉症 | トップページ | 悶絶ッ!フロンターレ »

2005.03.11

北インド料理「ルソイ」

今夜はカミサンも子供たちもいないのでひとりの夕食。オジサンひとりで心地よく食事ができるところというのはあまりない。よく行くのは近所のインド料理屋だが、今夜はひとっ走りして、かねてより偵察の要ありと思っていた目黒の「ルソイ」に行くことにした。

tandorichicken情報によれば混んでいるので要予約ということだったが雨あがりの夜8時すぎなら大丈夫だろうと直接店に行った。あれまあ、満席だ。ターバン巻いた髭のおじさんが出てきて流暢な日本語で、あと25分待って、という。この寒いのに外で25分待てっててか。でもせっかく目黒まで来たんだし、このまま帰るのもしゃくなので根性をすえて店外の椅子に腰掛けた。25分も待たずにすんだ。正確には5分。1人客の男性がさっと席を立ってくれた。すまんな同志!そういう気分。
店の中はほとんどが女性客。店員は全員「インド人」。店内は灯火管制がひかれているのかたいそう暗い。テーブルのろうそくが頼りだ。お勧めのタンドリチキンとマトンカレー、ナンを注文。タンドリチキンが来て早速FOMAのカメラを取り出したがライトを点灯しても暗すぎてうまく撮れない。食事をするにしてもこれは暗すぎないか。料理は見た目の色や形も味のうちだろう。
タンドリチキンは味のしみ具合と焼け具合が絶妙。手羽先まで一体になっているので名古屋で仕入れてきた「手羽先の食べ方」を実践。先はかりかりと骨ごといけた。マトンカレーは辛さ「ふつう」にしてみた。最初から「辛い」にしたらたいていひどい目に遭う。これで正解。マトンカレーらしいマトンカレーで深みのある辛さ。ナンもよし。
カレー部例会の下見としては上々の一食だった。

|

« 花粉症 | トップページ | 悶絶ッ!フロンターレ »

コメント

先生、TBありがとうございました!
ルソイをオススメしておきながら、先生のお口にあうか心配しておりました。
まずは、良かったです。
読んでいたら、また行きたくなりました。
ルソイのカレーはクセになります。

きょうは、等々力に行ってきます!
先生の記事を読み、私も川崎信用金庫に預けることにしました。
応援にもチカラが入りますね。等々力が真っ赤に染まっていなければいいのですが・・・

投稿: Ricette | 2005.03.12 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/3260547

この記事へのトラックバック一覧です: 北インド料理「ルソイ」:

« 花粉症 | トップページ | 悶絶ッ!フロンターレ »