« 紙がないっ! | トップページ | 「蛇よ!」 »

2005.03.01

3月はいきなり閑に

今日から3月。 昨日までとは一変して午後の外来はガラガラになる。この落差はちょっと極端。インフルエンザの新規患者さんは一桁となった。

昨夜ファックスで注文したレセプト用紙は夕方には届いていた。素早い対応。今日はもう遅いので明日プリントすることに。別の業者にプリンタのトナーも注文したのだがこちらはまだ。
雑誌に投稿した原稿の著者校正が届いた。「てにをは」を丁寧に直されている。読んでみるとなるほど直した方が意味が通る。っていうか、直さないと何のことやらわからない。ご指摘ごもっともというところ。英文のタイトルを書けと言うので適当にでっち上げたが、こっちの方は果たして意味が通るかどうか。まあ、適当に直してくれるでしょう。
校正はさっさと済ませて同封の速達封筒に入れて出すことにする。
校正といえば、もう原稿を送って一年以上になるのにまだ校正も何も送ってこないと単行本が2本ある。2−3ヶ月締め切りに遅れて、ずっと心落ち着かない日々を過ごしていた元凶の原稿。送ってすっとして忘れていたが、「玉稿(苦笑)拝受しました」なんて大げさなハガキが来た後はなしのつぶてではないか。共同執筆の他の著者の原稿が遅れているのだろうが、それにしても遅すぎないか。当然のことながら原稿料も貰っていない。あの気分の悪い日々にどう落とし前をつけてくれるというのだ。原稿がそろわないので企画はボツになりましたなんて絶対に許さん。思い出したが吉日だ。明日、2社の編集者に「催促の電話」をしてやろう。

|

« 紙がないっ! | トップページ | 「蛇よ!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/3133129

この記事へのトラックバック一覧です: 3月はいきなり閑に:

« 紙がないっ! | トップページ | 「蛇よ!」 »