« インフルエンザ、なんだぁこりゃぁ! | トップページ | インフルエンザのピーク »

2005.02.11

大忙し・休日診療所

朝起きて、のどの痛みは治まっていたが奥歯の違和感は続いていた。朝食のハムをかじると違和感ははっきりした痛みにもどった。やはりこれはマズイ。奥歯に力がかからないように入れ歯の老人のような仕草で朝食を終える。
昨日のクリニックの状況から考えて、小児急病センターがごった返すだろうと予測して出勤。診療開始までまだ30分あるのにすでに待合室は満杯。休日診療所の規定より早く診察を始める。

診察を始めてしばらくしたら、待合室は立っているのがやっとという混み具合になる。カルテの厚みは枚数で数えるよりセンチメートルで数えた方がいいくらい。次から次に、「熱」「のどが痛い」「節々が痛い」という症状。最初の何人かはふだんの診療通りに「インフルエンザの疑いがあります。検査しましょう。」と、綿棒をとりだして「鼻水を取る」。大暴れで手こずる子どもも二人にひとりくらいいる。「10分ほどかかりますのでまたお呼びします」・・・10分・・・「結果が出ました。インフルエンザです。インフルエンザウイルスを押さえる薬を処方します。」と、まあ、これは休日診療所においでになる患者さんのお望みのコース。このペースでやっていたら待合室の押し合いへしあいは永遠に続きそう。ほとんどの人はインフルエンザかもしれないと思ってきて、その通りインフルエンザだ。これだけワンパターンなら検査は不要。経過、症状、周りの状況、診察した所見、これだけでインフルエンザは診断できる。7−8年前までは迅速検査なんてなかったのだから、インフルエンザの診断はそうやってつけてきた。そう割り切って、判断に迷うケース以外は検査なしでタミフルを処方することにした。それでもカルテは減らない。昼前になって、午前の部の受付時間が終わってもカルテは増えていく。受付の速度が来院患者の数に追いつかないのだ。午前の部が2時過ぎまでかかりそうだとわかったので、途中でぬけて出前の親子丼をかき込む。蕎麦屋の出前しかないということだったので、のびる麺類は避ける。これ、常識。10分で食べ終えてまた診察室に。急いで食べたら歯の痛みを忘れそうだったが、ネギのジャキっとした歯触りでまた痛み出した。
待合室は満員だが、これは今来たばかりの人と薬待ちの人。順番が来て呼んでも肝心の患者さんは車の中だったり、いったん家に帰ったりで居ないことがおおい。看護婦さんは呼び込み、診療介助、検査をひとりでこなさなくていけないので、検査中は医者が呼び込みをする。呼べども返事がない。診察室のドアを開けたら、「○○ですけどまだですか」と名前を呼ばれない患者さんが集まってくる。この呼べと応答なしの時間はスゴイ無駄。何とかする余地あり。
夕方5時、やっと行列の終わりが見える。午後の電話での問い合わせには準夜帯に来てもらうように案内しているようだ。内科も同じくらいに混んでいた。5時過ぎで終了。いったい何人みたのだろうか。集計もまだできていない。
夜に宴会の予定があったのだが、キャンセルして帰ることにした。疲れたと言うより、問題はこの歯の痛み。この週末は歯科に行く時間がない。ブルフェン漬けの人生を送るしかないか。

|

« インフルエンザ、なんだぁこりゃぁ! | トップページ | インフルエンザのピーク »

コメント

お疲れ様でした。呼び込みの時間って本当に無駄ですよね。熊本のとある開業医の先生は診察室を複数設置して、患者さんをあらかじめ待機させておいて医者が診察室をまわる体制で数をこなしておられるようです。こうすれば少なくとも3部屋でもあれば、回転良くできると思うんですけどね。

投稿: ひろふみ | 2005.02.13 15:22

今日もお世話になりました。まだ熱がありますが、今は静かに眠っています。

土曜日のクリニック、本当に込んでいましたね。受付にも「あとどれくらい待つのですか?」と訊いている人がたくさんいました。受付の方はその度に裏へ回ってカルテをチェックして「11番目です」などと親切に対応されていましたが大変そうでした。解決策として、番号札を出したらどうでしょう?
混んでいないときでも番号札があると「次は呼ばれる」と心の準備(こどもに本や玩具を戻させたり)が出来て良いと思うのですが…
休日診療所では、手動では難しいでしょうから、銀行や郵便局にある番号札の機械を導入してはどうでしょうか?
公共施設では難しいかな…

また、月曜日お世話になります。

投稿: 門屋奈緒美 | 2005.02.18 00:41

混み合いまして大変ご迷惑をおかけしています。こういうピークは1週間くらいで落ち着きます。今日、金曜日の午後なんかはもう平常通りの混み具合で予約されたかたは待ち時間ほぼゼロです。合間にコメントが書けます(^^ 
開院して電話予約精にするまでの3年間は番号札制度でやっていました。順番予約か時間予約かはいろいろ議論がありまして、先日みたいな大混雑時は順番予約の方がトラブルが少ない。でも、予約するほうとしては時間が決まった方がいい。診察の遅れ表示と予約外の人にはおよその待ち時間を受付時にお話しできれば少しはいらいらも緩和されるのかなと思います。もちろん、混まないに越したことはありませんが。でも、あんな日は年に一度あるかないかです。

投稿: 院長 | 2005.02.18 18:54

お忙しいのにお返事ありがとうございます。

私が言いたかったのは、時間予約をした上でクリニックに伺い、そこで予約枠の中で何番目か分かるように番号札を渡してもらうということだったのです。
文章がつたないため、解りづらくてすみませんでした。

時間予約ができることは素晴らしいと思っています。待ち時間を少なくするための先生のご配慮ですよね!ありがとうございます。

明後日、マラソンに出られるのですね!頑張ってください。

投稿: 門屋奈緒美 | 2005.02.19 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2889966

この記事へのトラックバック一覧です: 大忙し・休日診療所:

« インフルエンザ、なんだぁこりゃぁ! | トップページ | インフルエンザのピーク »