« 湯治 | トップページ | コンピュータにとって美とは何か »

2005.02.07

一夜明けたら大忙し

昨日は修善寺の帰りに長泉町にある「クレマチスの丘」という美術館・レストラン・庭園の複合美術館施設に立ち寄った。なかなか優雅でリッチな週末を過ごしたのだが、そういう後はたいていお返しが待っている。今日は朝から予約が満杯。先週もいい加減忙しかったがさらに拍車がかかった。

土日の間に熱が出て休日診療所に行ったという人が次々と。休日診療所はどこも忙しかったのだろうな、当番じゃなくてよかった、と喜んんだものの、今週11日は小児急病センターの日勤当番だったことを思い出した。こういうときはよほど頑張ってスピードアップしないと昼ご飯を食べる時間がなくなる。今週は「さらしん」の「鴨せいろ」はあきらめよう。
休日診療所ではインフルエンザ迅速検査陽性でも一日分しか薬を出さないので、残りはかかりつけでもらってください、ということになる。これは休日診療所の性格からして仕方ないことなのだが、こういうときは4−5日分まとめて出してしまってくれぇという気分になる。患者さんの方もそういう気分だろう。今年はインフルエンザの出足が遅かったこともあってか、タミフルも検査キットも十分にありそう。それでも、検査キットの消費が急に増えたので例年の「キット不足」のことが頭をよぎる。急いで問屋さんに大量注文したら、今年の在庫は十分にあるので無理な在庫は持たない方がいいですよと営業さんに諭されてしまった。はい、そうしましょう、と素直なものだ。
相変わらずB型インフルエンザが多くてAはちらほら。B型でタミフルの効きが悪い例があるという話がメーリングリストで出ていたが確かにそういう印象がある。いずれにしても「特効薬」というものではない。

|

« 湯治 | トップページ | コンピュータにとって美とは何か »

コメント

いつも楽しく拝見させて頂いています。
先日「クレマチスの丘」へ行かれたんですね。
私はクレマチスの丘付近が実家なので、実家へ
戻ると子供を連れて良く遊びに出掛けますが、未だにレストラン「マンジャペッシェ」は未体験。
いつも予約で一杯の様子です。
なので外のチャオチャオでピッツアを食べるのですが、シンプルでお勧めです。
先生も食されたかしら?

投稿: Kimmy | 2005.02.08 09:00

午後1時頃「マンジャ・ペッシェ」に行ったら運良く予約なしで入れました。私たちのあとできた人は断られていたので、間一髪。シェフのお薦めコースをいただきました。前菜の「天城の野菜の盛り合わせ」というのがおもしろくて、菜の花やにんじん、蕪、大根などをニンニク・アンチョビ・オリーブオイルの温かいソースをつけてバリバリとワイルドに食べるだけ。これが想像以上においしかったです。そのあとが「手長エビのリングイーネ」、メインが「アクパッツァ」。広尾の「アクアパッツァ」と姉妹店らしくてアクアパッツァに期待したのですがこれは魚がいまいちでちょっと期待はずれでした。雰囲気、ロケーション、サービスなどを総合したらかなりいいお店ですね。

投稿: 院長 | 2005.02.08 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2843948

この記事へのトラックバック一覧です: 一夜明けたら大忙し:

« 湯治 | トップページ | コンピュータにとって美とは何か »