« 歯が、、、 | トップページ | 朝は雪 »

2005.02.24

トンネルの先は

そろそろインフルエンザのトンネルも出口が見えてきてよさそうなものだが、なかなかどうして、出口は近そうで遠い。B型優位の流行も、B型が減り始めたと思ったらA型が増えてきて全体ではそんなに減ってこない。延長戦も減ったかと思ったら今日は午後の部とつながりそうな時間まで。あー、ゆっくり昼飯くいたい!

爆発的にインフルエンザが増えたのは2月10日の木曜日。今日でちょうど2週間だ。嵐のような2週間で、この間一日あたりの患者数は開院以来の最高記録を軽く更新。だいたい、こういう流行のピークは2週間位なのでそろそろ減り始める頃。ところが例年とは逆でこれからA型の波が来そうな情勢。これが来ると持久戦になってしまう。これは勘弁してほしい。といっても、何かができるわけでもない。お祈りくらいかな。
相変わらず、インフルエンザは早いうちにキットで診断して、早いうちにタミフルをのんで、早いうちに治しておかないと大変なことになるという言説が幅をきかせている。今日の帰り際に入った電話。どうも成人らしいが、具合が悪いので会社の保健室で診てもらったらインフルエンザかもしれないからと帰されたという。今から行って「インフルエンザの対処」をしてもらえるかという。「インフルエンザの対処」とは迅速診断キットで診断して、タミフルを処方することのようだ。うちでも昼間インフルエンザの患者さんの多くにはそうしているから、確かに「インフルエンザの対処」のひとつではある。だが、それがすべてではないし、時間外の診療所に飛び込んでくるほどのことでもない。一晩寝て具合がよくならないようなら翌日診療所に行けばよい。それで「手遅れ」になることなんかない。そんなことで「手遅れ」になるようならタミフルが発売される前に人類は亡んでいるはずだ。

|

« 歯が、、、 | トップページ | 朝は雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/3064249

この記事へのトラックバック一覧です: トンネルの先は:

« 歯が、、、 | トップページ | 朝は雪 »