« 青梅マラソン | トップページ | 母乳とタミフル »

2005.02.21

インフルエンザの動向

昨日のマラソンの影響で歩くのは結構きつい。階段がないのが幸いしている。それでもダメージは軽い方だ。
土曜日の雨のせいか、インフルエンザはかなり落ち着いてきた。インフルエンザウイルスは雨が苦手なので、雨が降ると流行が押さえられる。それでも雨の前に感染したと思われる人はまだまだいる。今日は圧倒的にB型が多い。

峠を越えたとはいえ、まだまだインフルエンザは多い。ワクチンを接種したのに発病した。ワクチンを接種したから軽くすむかと思ったら、熱が1週間近く続いた。早い段階でタミフルをのんだのに熱は下がらなかった。インフルエンザに対する医療に「期待」されていることがどうもみなはずれている。なんかこちらはやらずぶったくりみたいな気がしてくる。期待はずれになるのはB型に多いのだが、A型でも結構ワクチンやタミフルが効いてないなと思われるケースがある。
今シーズンの経験はきちんと総括しないといけない。

|

« 青梅マラソン | トップページ | 母乳とタミフル »

コメント

 マラソン乙枯様でした。^^/

 インフルエンザですが、例年に比べて流行のピークが遅いが故の、B型優勢(B型はタミフルが効きにくい?)による「なかなか熱が下がらない」なのか、それとも、これめで少なかったので診断が遅れ勝ちであるが故なのか、乞う、ご意見拝聴。

 今年流行の株は、予想とは違ってた説、もありましたね。^^

投稿: さくらい | 2005.02.22 17:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/3027116

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザの動向:

» 2005年2-3月の風邪症候群 [がんばらないWM日記]
子供は今日やっと鼻水が止まってきた。昨日まで寝るときにぶびぶびいっていた鼻の音が [続きを読む]

受信: 2005.03.03 00:54

« 青梅マラソン | トップページ | 母乳とタミフル »