« 奥歯が、、、 | トップページ | Macintoshではご利用頂けません »

2005.02.16

歯科室

午後1時30分から保健所の1歳半検診に出なくてはならない。1時過ぎてもまだ午前の部が終わらない。まだやっているんだったらこれから行きたいという問い合わせにはお断りしてしてもらう。でも結局来ちゃった。20分ほどの遅刻で保健所に到着。雨のせいか検診の出足も遅くて来場者数も少なかったのだが幸いだった。

検診が終わると本日のメインイベント、歯科である。歯の痛みはものを噛みさえしなければ違和感程度でおさまっている。噛むとイタタ。歯科の診察台にのぼる前には心の準備が必要だ。一応最悪の事態は覚悟しておく。前回詰め物をしてあるところの歯髄側が感染しているのかもしれない。それなら、詰め物を削り取って、穴を開けてドレナージかも。もう、全部ダメってことで災いの元を絶ちましょうと抜歯になるかもしれない。ヒェ〜イ。考えているだけで悪寒がする。とにかく冷静を装って診察室に入る。前回も抜歯覚悟で行ったので、思いがけず詰め物だけという結果で心底ほっとした。今度はどうだろう。歯は大丈夫みたい。新しく進行した虫歯はないという。内側の虫歯が神経にさわっているにしては痛み方が鈍。歯茎の一部はむくんでいる。結論は、かみ合わせが悪くて歯の一部に力がかかりすぎているというもの。当たっているところを削って均等に力がかかるようにしたらよくなるんじゃないですかというお話。ホンマかいな。この歯科の先生、ことを荒立てるのが嫌いで、なるべく問題は先送り、とりあえず今を逃れたらそのうち何とかなるというスタンス。どこやらの小児科医と同じだ。
歯の突出部を削っただけで本日は終了。2−3日で痛みがひくようならそれでOK牧場ということになった。この間の心の動きは優に短編小説になるくらいだと思う。泉鏡花の「外科室」にならって「歯科室」というのを書こうかしら。

|

« 奥歯が、、、 | トップページ | Macintoshではご利用頂けません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2962119

この記事へのトラックバック一覧です: 歯科室:

« 奥歯が、、、 | トップページ | Macintoshではご利用頂けません »