« HPの日記は災いの元? | トップページ | Apple Cinema Display(旧型) »

2005.01.15

雪が降る

今日は朝から雪という予報。昨日のうちにタイヤを履き替えて万全の体制で臨む。クリニック近辺は急坂が多いので下手に積もられると出勤不能になる。

朝起きてみたら一面雪景色かと思ったら普通に雨が降っているだけ。ちょっと拍子抜けだが、雪という予報のためか予約はがらがら。昼前に雪が積もらないとわかってか、駆け込み診察が増えた。インフルエンザはA型が一人。今週は全部で3名。まだ流行という状況ではない。
今日はセンター入試の一日目、今年はもう関係ないかと思うと今更ながらやれやれという気がしているが、去年の天気は例外だったようだ。
診療が終わってから奈良に向かう。カミサンの中学高校の友人が、ということは私の後輩ということなのだが、「大阪下町酒場列伝」(井上理津子・ちくま文庫)という本を出したと年賀状にあった。Amazonに注文していたのが昨日届いていた。新幹線の中で読んだ。私は19歳で関西を離れてしまったので、ここで取り上げられているようなDeepな大阪というのを知らない。飲み屋のおっちゃんたちの息づかいが聞こえるようで、人の食欲をそそるレポートだ。文章もうまい、ってプロの物書きに言う言葉でないか。売れるといいですな。

|

« HPの日記は災いの元? | トップページ | Apple Cinema Display(旧型) »

コメント

ディープな大阪、のホームページを作っているのが一年後輩の奥村宗久ヒデマロの「ZEIROKU FACTORY」、音楽関係です。
 室見登美彦(剛士?)さん、京大農学部大学院も平成9年卒(?)も後輩かも。平成15年度ファンタジー ノベル賞を取った方なのですが、 卒業生かどうか確認が必要かも。

投稿: miyako | 2005.01.16 09:19

すいません まちがいがありました
室見ではなく”森見”でした
 後輩に森見剛士さん というかたがおられて、そのかたと森見登美彦さんという方と学校 住んでおられる所 年齢とも同じなのです。2冊目の本を書かれています。「太陽の搭」で賞を取られました。同じ方かどうか 何処かで確かめたいと思っています。その方は2冊目の本でディープな京都を書かれているとか。
 平成15年 出版 森田尚さん 「生きて帰りたい」 満州からの一才の子どもを連れて帰ってきた記録の本。本をいただいたので 読ませていただいた本です。

投稿: miyako | 2005.01.16 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2585200

この記事へのトラックバック一覧です: 雪が降る:

« HPの日記は災いの元? | トップページ | Apple Cinema Display(旧型) »