« 雪が降る | トップページ | 年始め保育園検診 »

2005.01.16

Apple Cinema Display(旧型)

今自宅でメインに使っているパソコンはPowermac G4 Cube(450MHz)+Apple Cinema Display(旧型15インチ)の組み合わせ。HDDを20Gから120Gに入れ替えてあるが後はそのままで4年使っていることになる。HDDを換装してシステムをクリーンインストールし直してからは快調で、ちょっと遅いなと感じることはあるがそれなりに動いてくれている。このコンセプトのマシンはこれが最後でこれ以上何とかしようと思ったら熱暴走覚悟でクロックアップするしかない。ところが、最近Mac mini が発売された。これはCubeのコンセプトを受け継ぐ新しいラインナップと見てよいだろう。

見た目はCubeの上3分の1を切り取ったという感じ。透明プラスチックのCubeと違って、アルミボディになっている。小さくなっているが、「静粛な」冷却ファンがついている。Cubeのようなファンレスはやはり難しいのだろうか。それでも、とりあえず新しいMacはコレクションのためにも購入しておくとういうこれまでの行動原理から完全に買う気になっていた。ディスプレイは今までのApple Cinema Display(旧型)につなげばよかろうと思った。ところがよく調べてみると、昨年の新しいApple Cinema Displayシリーズ発売を期して本体とディスプレイの接続に従来規格のADC(Apple Display Connector)が廃止されていることがわかった。だいぶ前からディスプレイとの接続端子はDVIになっている。そこでADC端子を持ったPowerMacをDVI接続の他社製のディスプレイに接続するためのアダプタがいくつか発売されている。ところが逆のDVI端子をもつパソコンをADC端子のApple Cinema Displayに接続するアダプタというのはAppleが出しているものしかなくて19800円する。本体58590円のパソコンと同じ会社のディスプレイを接続するのにこの値段はないだろう。ADCという規格はApple独自のもので他社パソコンと互換性がない。一本のコードで映像信号、電源、USBが繋がるが、パソコン側がそれに対応していなければどうしようもない。FireWireには対応していないので、結局これは別ラインになる。ということで、進化しようのない規格だったと言える。独自規格を作って販売戦で負けるというのはAppleの常套路線。以前、VGA端子を持つ PowerBook12'とApple Cinema Displayをつなげようとしたけど、これは絶対無理ということもわかった。
さて、ディスプレイ、どうしよう。このまま、もう少しCubeと付き合うか。

|

« 雪が降る | トップページ | 年始め保育園検診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2597424

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Cinema Display(旧型):

» Mac miniっていい?? [MacでDreamweaver&FLASHデザイン体験記 ~html+スタイルシート/CSSでホームページ制作]
Mac miniが発表された。値段だけ見るとおおっ安いって思ったが、キーボードとマウスが無いんではeMac買った方が絶対お得でしょ?拡張性が無いのでカスタマイズ... [続きを読む]

受信: 2005.01.18 19:02

« 雪が降る | トップページ | 年始め保育園検診 »