« 忘年会最終便 | トップページ | あと1週間 »

2004.12.21

保健所の検診って

今日予防接種にきた子のお母さんから奇妙な相談を受けた。ある区の保健所の3歳児検診に行ったとき、医師の診察があった。背中を触って、硬くなっているところがあるのでもみほぐしてあげなさい。左側がしこってるから将来目が悪くなるので注意しなさい、と言われたという。

この子の背中どうかなってますか、と心配そう。触ってみたところでは、どこも硬くもないようだし、しこっているというのもわからない。まして、これで将来目が悪くなるなど、どうしても理解不能。だいたい注意しなさいと言ったって、どう注意すればいいのだ。言われたことは忘れましょう。たぶん、何もない。
肩こりと眼精疲労の事を言っているのか、それとも整体とか鍼灸とかの世界の話なのか。3歳児検診に出ているのは小児科医のはずで、どういう人だったか聞いてみたがよくわからなかった。普通の小児科医教育を受けた人とは思えない。集団検診というとがやがやした中で次々とこどもを見ていかなくてはならないのでとても背中の筋肉まで見ている余裕はないと思うのだが、そういうのが趣味なのだろう か。自分のクリニックでそういう診療をしているのはまあ、勝手と言えば勝手だろうが、保健所みたいな所でやられたら、これはまずいな。
1歳半検診に出るようになって集団検診での医者の役割が少しわかったような気がする。
最低限のチェックをきちんとやる。チェックした事はきちんと道筋をつける。解決がつかないようなことを中途半端に言って不安だけを持ち帰らせることはしない。ついでに余計なことは言わない。

|

« 忘年会最終便 | トップページ | あと1週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2333047

この記事へのトラックバック一覧です: 保健所の検診って:

« 忘年会最終便 | トップページ | あと1週間 »