« ああ忘年会 | トップページ | 1歳半検診 »

2004.12.14

インフルエンザワクチン受付再開

いったん受付を終了したインフルエンザワクチンだが、在庫を確認してみたら予約した本数より多い。ワクチンの追加注文を断られたと思っていたが、結局入荷していた分があったことが判明。もう、インフルエンザワクチンは終盤戦で今から予約したいという人は少ないだろうが、通常の診療時間に接種することにして受け付けることにした。

シーズンが終わって余ったワクチンは返品することになるのだが、追加注文して返品するのも格好が付かない。ラーメンの大盛りをたのんで食べ残すようなものだ。年末にもう一頑張りしなくてはならなくなった。
今日は小児急病センターの当番なので夕方あたふたとインフルエンザワクチン追加受付の話を決めてクリニックを飛び出した。着いてみたら「内科」担当のドクターが来ていない。病院のドクターが当番だったらしいが病院の方で手が離せなくて身動きがとれないらしい。そういうときは「予備当番」がいて、「予備当番」の医師は決められた時間に予備出動が必要かどうかの確認の電話を入れる約束。ところがその「予備当番」に連絡が取れない。電話しても出ない。自宅の電話や携帯の電話は公開されていないのでそれ以上はどうしようもない。結局急病センターのすぐ近くに住むドクターがつなぎに出てきてくれて何とか格好がついた。その先生によればこういう呼ばれ方は初めてじゃないそうだ。何のための予備当番か。拘束料は支払われているのでやらずぶったくりだ。
昼間の外来も閑だったせいか、急病センターも閑。来る患者さんのほとんどが「吐き下し」。しばらくは吐き下しばっかりだろう。インフルエンザらしき患者はいなかった。こちらは、これからだろうか。

|

« ああ忘年会 | トップページ | 1歳半検診 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2270811

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザワクチン受付再開:

« ああ忘年会 | トップページ | 1歳半検診 »