« Niftyの15年 | トップページ | 大掃除 »

2004.12.24

クリスマスイブ

今夜はクリスマスイブらしい。我が家にサンタクロースがやってこなくなって久しい。サンタさんを待ちわびてなかなか夜寝付けなかった子供たちは、もう寝付けないどころではない。二人とも晩飯はいらない、今夜は友達んとこに泊まるかも、である。おまけにカミサンは北海道へスキーに出かけてしまって、オヤジは「ひとりぼっちのクリスマス」だ。いや、猫がいたか。

saweraこれが本日のクリスマスディナー。タンドリチキン、シークカバブ、カレーはチョイスでマトンマサラ(辛さ4/10)。それとナン、サフランライス。
もともとクリスマスなどというキリスト教徒の行事に大騒ぎするのはおかしいわけで、我が家は浄土真宗大谷派なのだからお釈迦様の誕生日の花祭りにでも騒げばいいのだというのがかねがねの主張。それでもクリスマスが国民の過半数の仏教徒にも受け入れられていることは、それだけ日本では「クリスマス」が宗教色を無くしているということなのだろう。アメリカでは「クリスマス」という宗教行事についてキリスト教以外の宗教を考慮しないとやっていけないらしい。それだけ「クリスマス」が宗教的意味合いを残しているということ。
“苦し”この夜…Xマスの祝い方巡り、米で議論過熱という読売のこの記事はそういうアメリカでのクリスマスを伝えている。公的な場にクリスマスツリーを飾ってはいけないという条例があったりするという。これは日本で公共工事の起工式に祝詞をあげて玉ぐしを捧げる神式行事が憲法違反だという論議と似たようなもので、宗教右派の連中には耐え難いことらしい。クリスマスを宗教的に祝うのはそれぞれの勝手。だが国家的行事とされたらそれは「信教の自由」に抵触する。靖国神社にしても同じで、「国家」として奉るというのならそれはイヤだというしかない。
「ひとりぼっちのクリスマス」は余計なことを考えてしまう。

|

« Niftyの15年 | トップページ | 大掃除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2365601

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスイブ:

« Niftyの15年 | トップページ | 大掃除 »