« デヴィ・フュージョン | トップページ | 新撰組最終回 »

2004.12.10

川崎病

今週に入って川崎病または川崎病の疑いで入院してもらった子どもが3人。先日八王子の病院のドクターと話をして、このところ川崎病が多くないですかと言われてはたと思った。確かに多い。

例年、うちのクリニックの規模だと川崎病の新規の患者さんは多くて年に3−4人。それが一週間で3人だからやはり多い。二人目までは偶然だが、三人いたらノイエス(新発見)だよというのが川崎先生の口癖だったのだが、ひょっとしたらこれから多発するのかもしれない。川崎病の原因は今なお不明で、感染症らしいがどうしてもその病原体を突き止めることができない。「流行」することはあるのだが、たとえば同じ病院に入院していて別の患者さんに伝染するということはない。はっきりした人から人への感染は証明されない。だから近所の仲のよい子が川崎病になった、うつってませんかという問い合わさせはよくあるのだが、これは大丈夫ということになる。
これまで何度かの「流行年」というのがあって、最初が1979年、次が82年、85年と3年周期で患者が急増した。次の88年はきっとすごい流行になるぞと待ちかまえていたらあっさり肩すかしを食らって、以後大きな波はない。今にして思えばあのとき川崎先生はちょっとがっかりしていた。病因解明の絶好のチャンスが来なかったのだから。
それにしても、最後の「流行」から20年たつけどまだ川崎病の原因はわからない。群盲象をなでるというやつで、いろんな方面からいろんな形でアプローチされているのだが、誰もまだその全体像を描けない。川崎先生の目の黒いうちに何とかしなくちゃ、と言ったところで私にできることは何もない。

|

« デヴィ・フュージョン | トップページ | 新撰組最終回 »

コメント

こんにちわ。日記を読ませていただいています。私も三谷ファンです。
さて、うちの娘(三歳三ヶ月)も12月16日に川崎病と診断されました。通院のみで熱も下がり心臓に問題もなく今は元気なのですが、原因不明の病気ということで、その解明の糸口があればと思っています。気になることがあります、もしも専門家の視点で関心があればと思いまして書き込みします。

○同じ幼稚園で仲良くしていた友達の弟が、同じタイミングで「アレルギー紫斑炎」になった。
○発病数日前、口唇ヘルペスが再発している祖父(同居していない)が、箸を共有して食事をさせた。
○近所で季節外れの夏風邪、プール熱が流行っている

出来るだけ早く原因が解明されることを祈っています。

投稿: たまママ | 2005.01.21 11:47

川崎病が軽くすんで、不幸中の幸いでしたね。深刻な後遺症が起こる確率は年々下がってきていています。治療法の進歩が大きいと思いますが、病気そのものも軽症化してるのかもしれません。
アレルギー性紫斑病は川崎病と同じで血管に炎症を起こす「原因不明」の病気です。こちらは川崎病よりもっと古い。似たようなところがあるので注目されたことがあります。病気のメカニズムは同じじゃないかと思います。

投稿: 院長 | 2005.01.23 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/2223955

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎病:

« デヴィ・フュージョン | トップページ | 新撰組最終回 »