« 「包茎」についての相談 | トップページ | もう11月 »

2004.10.31

利庵・庭園美術館

この土日は新潟へ行って寿司三昧、、じゃなくて、東日本外来小児科学研究会に出席する予定だった。地震のために研究会は中止になり、突然ぽっかりと休みができた。朝からの雨もあがったので、被災地で大変な思いの方には申し訳ないのだけれど、白金の蕎麦屋「利庵」へ行くことにした。

photo/dashimakiphoto/ooseirou利庵のある白金の外苑西通りは今や「プラチナ通り」と名を変えて大変おしゃれなスポットになっている。病院勤めの頃は近くだったので土曜の昼などによく行った。行き始めたのは15年以上前だが、そのころからすでに行列は必至、少し時間をずらせて行くのがコツだった。ここで、だし巻き卵をつまみながらビールを飲むという技をマスターした。ちょっと甘めのふわっとした卵焼きで、大根おろしが添えられている。その後に、きりっとした蕎麦。ということを思い出して、久しぶりに懐かしの蕎麦を食べに行った。日曜日の昼過ぎということでやはり行列ができている。それでも15分ほどで入れて、予定通りのだし巻き卵、かき揚げ、おおもりを注文。だし巻き卵はもっと大きくてふわっとしていたような記憶がある。蕎麦はずいぶんつるっと丸くなった印象。前はもっとしこっとして角が立っていたと思うのだが。こういう記憶はかなりいい加減なので、それなりに変化はあるのだろうが、受けた印象はかなり主観的なものだろう。
蕎麦の後は近くにある「庭園美術館」へ。ここの建物は旧皇族のお屋敷をそのまま保存してあって美術館として活用している。こういうところに住む人もいたのだということ自体が驚きで、何時来ても、結構でございました、という思いで帰ってくる。今の展示は「エミール・ノルデ」。「色彩と幻想の画家」ということだが、私は知らなかった。カミサンが最近水彩画に凝っているので、是非見たいというのでお付き合いをした。ナチス政権下のドイツで亡命しないで密かに隠れ家で描いたという一連の小品に目をひかれた。
なかなか充実した休日を過ごしたような気がしたが、それは気がしただけだったのかもしれない。帰ってから10km走ったのは偉かったなあ、と我ながら思うのである。

|

« 「包茎」についての相談 | トップページ | もう11月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1822822

この記事へのトラックバック一覧です: 利庵・庭園美術館:

» だし巻き玉子 [Ricette the Kitchen]
玉子焼き器は、銅製をオススメします。火の通りが均一でふんわりプロのように焼けます!テフロン加工に慣れている方にとっては、度々油をひく作業に手間がかかって、と思われるでしょうが、このふわふわ玉子焼きは銅製ならでは、です。正方形は関東型、縦に長いのが関西型な... [続きを読む]

受信: 2005.04.09 00:07

« 「包茎」についての相談 | トップページ | もう11月 »