« 地震お見舞い | トップページ | インフルエンザワクチン予約枠追加 »

2004.10.25

小児急病センターは「小児内科」だけ?

テーブルで顔を打って、舌から出血しているという子供の親から電話があった。「救急情報センター」に電話したらそれは「口腔外科」に行かないといけないが夜間に「口腔外科」でやっているところはないのでどこも紹介できないと言われたというのである。

話を聞いてみれば、舌から出血はしているがどくどく出て止まらないというわけでもない。舌に亀裂ができたり切れかかっているようでもない。要するに、様子を見ていればそのうち止まる、特に処置は不要と思われるものだ。だから小児急病センターで診ればいいのだ。小児科医なら口を切ったという子供などふだんからわんさか見ているはず。口の中を縫わなきゃいけない外傷などまずお目にかからない。万一縫わなきゃならないと思ったら、その時は責任持って縫ってくれるところを探すべきだろう。うちでは見つけられないからあんた勝手に探しなさいというわけにはいかないだろう。
どうも「救急情報センター」の電話担当者や「小児急病センターの受付」は、小児科の守備範囲を理解していないようだ。急病センターの控え室にいて受付の電話をそれとなしに聞いていると、耳が痛いというのに対しては「耳鼻科医はいないので」とか、おちんちんが痛いというのに「泌尿器科医はいませんので」と答えたりしている。横から、おい、それは小児科で診るよ、と気が付けば言っているが勝手に断っているのも相当あるのではないか。少なくとも「小児急病センター」と名乗る以上「小児」の「救急」事態はまず最初だけもみて振り分けするべきだろう。
今日の一件はしかるべきところで「訴えてやる!」

|

« 地震お見舞い | トップページ | インフルエンザワクチン予約枠追加 »

コメント

私もこの間、子供が口の中を切ったので、午後4時まで受付をしている鶴見区の総合病院に行ったら「歯科に行け」と小児科医本人に小児科受付で追い返された。歯科に行ったら、時間がぎりぎりだけど見てやるから受付しなおしてきてと言われた。血も止まってたし、念のためにて欲しかっただけだったので、頭きて帰ってきました。
こないだの日曜も、川崎市の総合病院に目の上をぶつけて切ったので行ったら頭は脳神経外科へ行けと言われた。
たいした事無いのわかってても心配だから病院に行ってしまうのが子供の親。大変なのはわかるけど、ちょっと小児科医に見てもらって「大丈夫」って言って欲しいのにな。子供は医者がやってない時間に怪我・病気をするものって、小児科医が一番わかってない気がする。

投稿: くみり~な | 2004.11.25 10:05

バックナンバーを見ていてこの記事を読みました。
うちも娘(1歳)がリコーダーを咥えていて兄に突き倒されて口から血が出たとき、
救急情報センターには「口腔外科」と言われました。
口の中の小さな切り傷は縫うようなことはしないと知っていましたし、
ドクドク血が流れ出るほどでもないのですが、それでも傷が深いということはないかどうか「お医者さん」に診ていただきたくて北部急病センターに行きました。受付ではやはり「何しに来た?」と言われましたが、幸い担当の先生が確認してくださいました。昼間だったら間違いなく片岡先生の所(小児科)に伺うのに、夜間だとどうして小児内科以外はダメなのかと不思議に思いました。

投稿: SAママ | 2005.08.09 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1773162

この記事へのトラックバック一覧です: 小児急病センターは「小児内科」だけ?:

« 地震お見舞い | トップページ | インフルエンザワクチン予約枠追加 »