« インフルエンザワクチン関連ニュース | トップページ | エンゼル幸 »

2004.10.20

渋谷のネパール料理

台風が刻々と近づく中、すでに2ヶ月前から決まっていたということで渋谷でネパールカレーを食べる会をやった。

開店して3ヶ月という「ガネーシャ」というお店。ネパール料理とバーとのこと。埼京線の渋谷駅のホームから丸見えの位置にある。総勢14人で店は完全に貸し切り。ネパール人だというお兄さんが一人で厨房もホールも切り盛りする。笑顔がなかなかよい。小さな店で内装費はほとんどかかっていないのではないかと思われる作りだが、さほどチープ感もない。
ナンはもう一つだったが、カレーはみなきちんと作ってある。ほうれん草のカレーやダール豆のカレーなどインド料理と共通のものが多い。辛さは頼めばいくらでも辛くなるようだ。同じ渋谷の「マンダラ」というネパール料理店の第一号の支店なのだが、このあたりは「カンティプール」「クンビラ」とネパール料理の店が多い。レベル的にはがんばれ、追いつけ、というところか。

|

« インフルエンザワクチン関連ニュース | トップページ | エンゼル幸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1733084

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷のネパール料理:

« インフルエンザワクチン関連ニュース | トップページ | エンゼル幸 »