« 16日の土曜日は臨時休診 | トップページ | 休む前の日 »

2004.10.14

インフルエンザ接種開始

今日が今シーズンのインフルエンザワクチンの初日。初がつおは女房を質に入れてでも、ボジョレーヌーボーは一時間でも早く飲めるところへと、「初」には貴重感が強いが、ワクチンにはそんな御利益はない。それでも予約は初日から埋まっていった。

接種開始日は例年とほぼ同じ。ワクチンは9月の下旬に入荷可能だったのだが、あんまり早くはじめてもその分早く効力が落ちるので、10月半ばというのが妥当な線だろう。予約を取り始める時期には入荷予定がまだ決まっていないというのも、接種開始をあまり大胆に早められない理由の一つ。
今年はワクチンの確保は昨年の20%増し。もう、これ以上は勘弁という量だ。アメリカでは4600万人分のワクチンが出荷できないことになって騒ぎになっている。これは全米の予定量の半分近くの量で、今年は大幅にワクチンが不足する。そのあおりを受けて日本もワクチン不足のパニックにならなければよいのだが。昨年はSARS騒ぎで企業単位のワクチン確保が目立った。おかげで市場からワクチンが姿を消し一部では恒例のワクチンパニックが起きた。結局世界的な規模でみてワクチンが安定的に過不足なく供給されるというのは希有の事態なのかもしれない。予約の立ち上がり状況から当初に予定した量では不足しそうなので、卸に追加注文をだしてみたが最初の予約以上の約束はできませんという返事だった。今のところ10月、11月接種分はほぼ予約が埋まり、12月分はあと少しという状況。11月に入って、そろそろインフルエンザワクチンを打たなきゃと問い合わせてくる人が多いので、これからはすぐには接種できないというお断りが大変になる。
ふだんの診療時間にも接種すればたくさんこなせるのだが、それを始めると待合室が感染症の患者とワクチンの希望者でごっちゃになる。12月半ばになると接種専用枠をなくしてしまうので、それまでの接種をお勧めしたい。

|

« 16日の土曜日は臨時休診 | トップページ | 休む前の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1681220

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ接種開始:

« 16日の土曜日は臨時休診 | トップページ | 休む前の日 »