« 中標津のアイスクリーム | トップページ | 何もできない日 »

2004.09.04

実家ブロードバンド作戦

奈良の実家に帰ったときに困るのが、ブロードバンドが使えないこと。AirH"の128kを使っているだが、なにせ田舎なので電波が弱い。家の中であちこち移動してやっと繋がっても25k位の速度である。たびたび帰るのに、これでは仕事を持ち帰れない。

NTTのサイトで調べてみると、光はサービス対象外。ケーブルテレビももちろん来てないので、ADSLしか選択肢はない。接続料はほとんど変わらないので「ADSL40Mモア」というのにする。係の人の話では、田舎で局からの距離が遠いので、あまり速度は出ないだろうとのこと。計測サイトでは局まで3.79kmとでた。局の位置はだいたいわかるのだがもっと遠いのではないかという気がする。とにかく速度が遅くてもくれぐれも文句を言わないでくれ、速度の保証はしないと言うことをくどいほど言う。モデムのセットアップは帰ったときにすると言うことで器機を送っておいてもらった。無線ルータが一台余っていたので、これを使って無線LANにすることにする。
今日帰ってセットアップした。セットアップはごく簡単で、すぐに繋がったが、、、おそ〜い!!!
無線LAN経由でなんと24k、、、、Ethernet経由でも24k、、、ルータをかませないで直接モデムにつないでPPPoE接続してみたら25k、、、、。AirH"に切り替えてみたら25k、、、何と言うことだ。内蔵モデムのダイアルアップでは、、、ばからしいので試さなかった。
やはり距離があるので減衰が激しいのだろう。計測サイトではー42dbと出ている。表の幹線から家の引き込み口までに専用の電柱が2本ある。これだけでも大変だが、家に入ってからもモジュラーの出口までどのように来ているのかわからない。かなり迷走しているようだ。電話線の取り入れ口に近いところにスプリッタをつないでみたらどうだろうと、もの入れの奥に潜り込んで見つけたケーブルから分岐線を作ってつないでみた。これが大成功。一気に速度は175kにアップした。40Mで175Kは悲しいが、それでもISDNやAirH"よりは速いのでよしとしよう。無線LANで便利になったし。

|

« 中標津のアイスクリーム | トップページ | 何もできない日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1358066

この記事へのトラックバック一覧です: 実家ブロードバンド作戦:

« 中標津のアイスクリーム | トップページ | 何もできない日 »