« プロ野球ストライキ | トップページ | カレー専門店「Beyond」 »

2004.09.18

わきアイス

「川崎病支援研究所」というところから、「わきアイス」という商品の案内が届いた。この「川崎病支援研究所」は以前ボリショイサーカスのチケット割引購入券を送ってきたところ。

サーカスのチケットや健康に関する商品を販売して、その利益の一部を川崎病研究に寄付するというのがこの「研究所」の趣旨。前回のボリショイサーカスでは、100万円の寄付を「川崎病研究センター」にしたということがHPに載っている。HPを見るかぎりこの「研究所」の主目的は健康関連商品の製造販売ということのようだ。「川崎病」の「支援を研究」するところなのか「川崎病を支援しているところ」を「研究」するのか、どうもよくわからない。どこが研究所なのだろう。大阪に「カレー研究所」という名前のカレー屋さんがあるが、あのノリでいいのだろうか。ちょっと違和感を持った。
今回の商品は「わきアイス」という冷却剤。おでこに貼る冷却シートはよく売れている割にクロート筋の受けが悪い。要はあまり体温を下げるのには役立たない。先だっては赤ちゃんの窒息事故が起こった。体温を下げるのなら脇の下、頚部、そけい部の動脈の上を冷やすのが効果的である。そこで、簡単に脇の下を冷やせる冷却パックとそれを脇の下に固定するベルトの組み合わせがこの「わきアイス」である。直接体に冷却剤が当たらないようになっている。この研究所のオリジナル商品と言うことだが、先日熱のこどもで装着しているのを見かけた。聞いたら生協かなにかで、買ったということだった。同じ物だろうか。確かに、おでこに貼るよりは冷却効果は期待できるが、それでも解熱というところでは効果はちょっと疑問符がつく。説明書にも「発熱時の不快感をやわらげる」とは書いてあるが、「熱が下がる」とは書いていない。試供品を送ってもらえるよう申し込みをしたので一度試してみることにしよう。

|

« プロ野球ストライキ | トップページ | カレー専門店「Beyond」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1464940

この記事へのトラックバック一覧です: わきアイス:

« プロ野球ストライキ | トップページ | カレー専門店「Beyond」 »