« 夏も終わり | トップページ | 交通事故?! »

2004.09.12

Hibワクチン勉強会

午前中久しぶりに公園で10kmほど走る。午後、文京区で開かれたHibワクチンの勉強会に出席。「Hib」というのは、「ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型」のことである。

医療関係者の間ではよく知られている細菌だが一般にはあまりなじみがないかもしれない。ヘモフィルス・インフルエンザ菌は中耳炎や副鼻腔炎などを起こすポピュラーな菌だが、そのなかのb型は髄膜炎や肺炎、喉頭蓋炎、敗血症など命に直結する重症感染を起こすやっかいな細菌。インフルエンザという名前がついているが冬場に流行るインフルエンザとは無関係。インフルエンザはインフルエンザ「ウイルス」で起きるがこちらは「細菌」である。その昔インフルエンザの原因菌だと誤認逮捕されたときにつけられた名前がそのまま残っている。これは冤罪ということなのだが、実はインフルエンザウイルスよりずっとたちが悪い。最近では抗菌剤の濫用の結果、この菌の多くが抗菌剤の効かない耐性菌になってしまっている。欧米では15年ほど前からこのHibに対するワクチンが定期接種で行われている。おかげでHibによる髄膜炎は激減したという。日本では欧米ほどHibによる髄膜炎が多くなかったということもあり、ワクチンの導入に至っていない。是非、日本でもHibワクチンをというのが今日の勉強会の趣旨。まだまだこれからというところなのだが、あちこちで声をあげていかないと世の中は変わっていかない。

|

« 夏も終わり | トップページ | 交通事故?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1421595

この記事へのトラックバック一覧です: Hibワクチン勉強会:

« 夏も終わり | トップページ | 交通事故?! »