« BGM | トップページ | 見切り発車 »

2004.08.09

Mac入院

先週挙動不審からついに立ち上がらなくなったPowerMacG5が入院することになり、今日運送業者が引き取りに来た。

原因はハードディスクにあることははっきりしているので、ディスクの交換ということになるはず。最低限救えるファイルは救いたいと思って、外付けディスクモードを試してみた。PowerBookを持ち込んでFirewireポート同士を直接ケーブルで接続する。このためには6pin-6pinのケーブルが必要。コジマ電気で1480円也。接続してPowerMacG5の方を「T」キーを押しながら起動する。G5のディスプレイにはFirewireのマークが出て外付けディスクモードにはなった。PowerBookのデスクトップにハードディスクのアイコンが現れたら成功なのだが、何も現れず。ディスクユーティリティを起動したら、外部ディスクが繋がっていることはわかるがマウントされない状態。「修復」してみたらあっさり「修復できません」と蹴られる。と言うところで、あきらめて電源を落とした。
このところ知り合いのパソコンも次々に壊れている。WinもMacも関係なし。だいたいみなハードディスクの故障らしい。この猛暑が関係しているのだろうか。Apple修理センターの電話にしても、ずっと待たされて結局かけ直すようにというアナウンスが流れる。何回かトライしてやっとの事で繋がったが、どうも日本中のパソコンが一斉に壊れているのではないか思わせる事態である。

|

« BGM | トップページ | 見切り発車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1159988

この記事へのトラックバック一覧です: Mac入院:

« BGM | トップページ | 見切り発車 »