« エアーダスター | トップページ | PowerMacG5またしてもダウン »

2004.08.06

原爆の日

8月6日は広島に原爆が投下された日。気になるのは、年々この日のニュースが小さくなること。いい年をして恥ずかしいが、広島を訪れたのは4年前医師会の会議で出張したのが初めてだった。

広島出身の友人にうまいお好み焼き屋と原爆関係の見所を聞いてから行った。高級ホテルで開かれた医師会の豪華宴会にはお好み焼きの屋台が出ていた。ま、これでいいか、どうせ「広島風」のお好み焼きだし、ということで街中には出かけなかった。(関西人はあれを「お好み焼き」とは呼ばない。)原爆ドームと原爆資料館、、、定番とは言いながら、これには圧倒された。沖縄の戦跡めぐりをしたときもそうだったが、目の前にしてみるとその存在感はまるで違う。あの時のまま時間が停止してしまった物、物、物。最後まで見て表に出たら、まぶしい夏の日で胸が悪くなった。こういうことを知らないで「反戦」とかなんとか騒いでいたガキの頃が気恥ずかしくなった。その場に行ってみないとわからない、実感できないものというのは確かにある。子供たちにも見せておきたいと思ったが、もう素直に付いてくるような年ではなかった。修学旅行で広島、長崎というコースもずいぶんとすたれてしまっているのが気にかかる。
9.11を忘れるなと言うのなら、私たちは8.6も8.9も3.10もそのほか無数の日々を忘れてはならない。なんて、今日は思ってしまった。

|

« エアーダスター | トップページ | PowerMacG5またしてもダウン »

コメント

いつも息子がお世話になっております。
今回、初めて(本当に全く初めてです・・)投稿させていただこうと思いましたのも、この記事へのコメントが1つも無い事が気になったからです。
私も年々、終戦についての報道が減っている事を怖いと感じています。そこに何とはなしに、誰かの意思を感じるような・・考え過ぎでしょうか?しかし、戦争となると直接被害を被るのはいつだって市民です。原爆でもそれが証明されています。もちろん、敵国となる地で散って逝くのも、市民の命です。
私は島根県の小さな町の出身で、広島県とは山を越えればすぐそこと言う身近さです。
その所為か、戦争について、特に原爆についてはよく話しが出たように記憶しています。もちろん、修学旅行は小学校で広島、中学校で長崎でした。特に、中学校時代には美術のT先生が反戦活動を活発になさっていらして、授業中も戦争がいかに罪深いものか、愚かかと言う話を真剣にされていました。
最近、思い出すのは夏の日の夜に公民館で行なわれていた「1フィート運動」の事ですが(もしかしたら活動名が違っているかもしれません)、募金を募って、アメリカから1フィートづつ原爆が落とされた直後の広島を撮ったフィルムを買い戻していくと言う活動でした。
そのフィルムをつなぎ合わせて短い映画にし、公民館で公開していたのですが、その内容は広島の原爆記念館よりももっと強烈なものでした。あのフィルムが、今はどうなっているのかとても気になるのです。貴重な、日本が体験した、戦争の記録。架空のゲームなどではない、ノンフィクションの時間を刻んだあのフィルムをもっと大勢の人に見てもらいたい、この頃よく思うのです。
会った事も無い、生きて来た国も習慣も何もかも違う人々でも、自分の子供も誰の子供も、自分で自分の生きる道を選べる社会であって欲しいです。戦争反対。
何の行動もしていないクセにと笑われるかもしれませんが、この意思だけはしっかり持っていようと決めています。これが行動のうちになるかどうかは分かりませんが・・・。
長々と、しかも思い浮かぶままに書いていったので、妙なコメントになってしまい、申し訳ありません。
では、失礼致します。

投稿: ミーヤ | 2004.08.12 00:58

コメントありがとうございます。
私などより少し上の「団塊の世代」、「戦争を知らない子供たち」という歌がありましたが、その世代がこれからどんどんおじいちゃんになっていきます。体験の風化と言いますが、時間との戦いという面もあるようです。こういうことはしつこくないといけませんね。

投稿: 院長 | 2004.08.12 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1138381

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆の日:

« エアーダスター | トップページ | PowerMacG5またしてもダウン »