« 帰宅ラン | トップページ | 走る根気 »

2004.08.03

アジアカップ準決勝

7時のキックオフに間に合うよう急いでクリニックを出た。夏休み体制の火曜日なので楽勝かと思ったら、月曜日よりずっと混んでしまった。とにかく帰って大画面テレビで見なくてはと、取るものもとりあえずという格好で帰ってテレビのスイッチを入れた。帰宅ランじゃなくてよかった。開始まだ2分、先日の対ヨルダンのPK戦から当方のテンションはあがりっぱなしだ。

前半の思わぬ形での失点、そして信じがたい遠藤の退場という事態に予定は大幅に狂った。ビールを飲みながらハーフタイムに食事、そんな悠長なことは言ってられなくなった。とりあえず、後半はビールをやめてワインにしてみる。ワインに変えたとたんに同点、そして逆転。よし、ワインで行くぞと、どぼどぼグラスにつぐ。ありゃ、同点に追いつかれた。ワインが足りんのか、とまたつぐ。うわぁ、勝ち越された、これはもうダメだ、ワインじゃダメだ。後5分しかない。ここでNHKBSであることに気づく。ヨルダン戦は奈良で見たので地上波、松木安太郎の解説。あれは解説なんてものじゃなくて副音声の応援団みたいなもの。まだまだわかりません、あきらめちゃいけません、が本当になった。こうなったら「自己の主観的願望を現実に投影する○○小児病」の松木で行くしかない、テレ朝に切り替えた途端に中澤のヘッド炸裂!!!延長戦だ。いつの間にか声がかすれている。延長戦で玉田が決勝のゴール、その後の守りはへろへろだったが、とにかく守りきった。
こういう勝ち方をするとまた嫌われてしまうのだろう。延長戦終了のホイッスルが鳴ったあと、しばしの沈黙、その後にぱらぱらと拍手が起こりやがて満場の拍手となる。さんざんブーイングをしていた観衆も総立ちで健闘をたたえる、なんてシーンは現実では起こりえない。それほど、東アジアにおける日本への嫌悪感は強いのだ。

|

« 帰宅ラン | トップページ | 走る根気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/1115186

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ準決勝:

« 帰宅ラン | トップページ | 走る根気 »