« 外来小児科学会準備会 | トップページ | MoMA展 »

2004.07.18

PowerMacG5起動せず

3日前、クリニックで使っているPowerMacG5が突然変調をきたした。メールソフトとSafariを立ち上げていて、新しいウインドウを開こうとするとカーソルが風車になってくるくる回るだけで画面が切り替わらない。Safariのほうには切り替わるのでこちらでも新規のウインドウを開こうとしたらこれまたくるくる回るだけ。10分ほど様子を見ていたが変わらないので、キーボードからアプリの強制終了をかけた。キーボードショートカットが効かない。仕方ないのでシステムを強制終了。

再度起動してみた。リンゴマークの下で歯車がぐるぐる回るだけで起動しない。再起動を繰り返してみたが同じ。しばらく放置したらどうなるのかと放っておいたら、いつの間にか起動画面に変わっていて「ログインウインドウを起動中」のところで止まっている。何度か再起動してみたがそれ以上は進まない。時間がなかったので一晩放置してみることにした。翌日、みてみたが同じ画面で止まったまま。タスクバーも進んでいない。これはどう考えてもHDDの問題。システムDVDから立ち上げて、HardWare診断ツールを使ってみた。やはりHDDに異常ありとでた。そこでAPPLEのサポートに電話。指示通りDisk First Aidで修復を試みたら「修復不可能」と言われてしまった。サポートの人の話だと、これはHDD交換になりそうだと。大事なデータはバックアップをとってあるかと聞く。データのバックアップはとってあるが、アプリなどの環境はバックアップしていない。修理に出してHDDを交換すれば、中身は全部消える。その前に試すことと言えばHDDを初期化してシステムを再インストールすることだという。どっちにしてもHDDの中身は消える運命。えいや、とHDD初期化コマンドを実行した。システムの再インストールもさすがG5、速い。再インストール後にもう一度Disk First Aidでスキャンしてみたが今度はすんなり「異常なし」。
結局アプリケーションは全部再インストールということになった。データはいくら無事でも、もう一度同じ環境に戻るのは大変。いちいちアプリのパスワードを入れなくてはならない。Officeなんか、新しい2004をインストールしたら、これはアップグレード版だから旧バージョンのOfficeがHDDの中に見つからないと起動できないとぬかす。仕方なく旧バージョンをインストールして一度立ち上げ、新バージョンのパスワードを入れることになった。今日になってやっと元の環境に復旧。データだけじゃなくてHDD全体のバックアップを取っておかないといけないというありがたい教訓だった。

|

« 外来小児科学会準備会 | トップページ | MoMA展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/997494

この記事へのトラックバック一覧です: PowerMacG5起動せず:

« 外来小児科学会準備会 | トップページ | MoMA展 »