« 八王子は遠かった | トップページ | 夏かぜ異変 »

2004.06.27

20km走るのは

朝から曇り空。気温も30度には達しない。走るのならこういうときだ。

最近一度に10km以上の距離を走っていない。ランニング仲間の掲示板には同年代のおばさんが20km走ったとか、景気のいいことが書いてある。朝からカミさんは美容院、息子はバイクの免許講習、娘は旅行、、、だあれもいない。こういうときこそ長距離を走るのだと、iPodをぶら下げて走りにでた。いつもの公園では必ず出会う人がいる。仲間数人と来ている。青梅マラソンのスタート地点でも見かけて初めて挨拶したのが3年前。その後も日曜日にはほぼ必ずすれ違う。青梅マラソンのゼッケン番号が近いと言うことはベストタイムも近いということだが、その人はベストの頃の走りをまだ維持しているようだ。俳優のFさんも仲間のようだが最近は見かけない。20km走るには公園8周+往復が必要だが、2周目あたりから足取りが怪しくなる。iPodの音がとぎれる。どうしたのかと、いじりながら走るわけにはいかないので歩きが入る。朝食はパン一かけとコーヒーだけで出てきたので空腹感が襲ってくる。20kmといかなくても10km超えればいいじゃないかと耳元でささやく声がする。財布ももって走っているが、汗でびしょぬれではレストランに飛び込むこともできない。やはり一人ではなかなか長距離はもたない。
帰ってシャワー、ビールのいつものコース。ジャージャー麺の餡が残っていたので中華麺をゆでて、キュウリをきざんで昼飯に。そういえば昨夜の「チューボーですよ」はジャージャー麺だった。もう少し餡が麺に絡みやすいようにスープが多かった方がよかったというのは昨夜の堺巨匠と同じだった。

|

« 八王子は遠かった | トップページ | 夏かぜ異変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/855007

この記事へのトラックバック一覧です: 20km走るのは:

» 2004.06.28 ランナーの孤独 [PICO's diary]
 朝の最低気温21℃。風があって湿度が少なくおよそ名古屋らしくない夜明け。蹴飛ば [続きを読む]

受信: 2004.06.28 21:54

« 八王子は遠かった | トップページ | 夏かぜ異変 »