« 待合室の本 | トップページ | お試し無料期間 »

2004.06.23

嶮暮帰(けんぼっけ)

カレー部の例会。部長のNさんがしばらく日本を離れてカレーとは縁のない国に行くので、彼女の一番のお気に入りの店での開催。

photo/sagmaton六本木通り沿い西麻布交差点から少し渋谷よりのビルの2階。インド料理屋特有のがやがやとした猥雑さからはほど遠い閑静でこぎれいな店。本日は総勢13名の大所帯で、店の3分の1を占拠する。ほかの客はほとんどが「外人」。いつ来ても「外人率」の高さに驚く。
恒例によりタンドリチキン、タンドリエビ(何というのだっけ)、でスタートする。カレーはチキン・バンダルー、サグ・マトン(写真)、ミックスベジタブル、プラウンマサラ。カシミール・ナンとサフランライス。カシミール・ナンが大好評。ここのカレーはどれを食べてもおいしい。バンダルーはかなり辛いが火を吐くほどではない。ほうれん草の緑もきれいで、ふだんはチキンの組み合わせなのだがマトンもまた正解だ。ナンもカレーもあっという間に食べてしまって、若者部員はおかわりを注文している。最後はチャイで締めくくって満腹になって帰宅。明日の昼もまたカレーの予感がする。

|

« 待合室の本 | トップページ | お試し無料期間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/828028

この記事へのトラックバック一覧です: 嶮暮帰(けんぼっけ):

« 待合室の本 | トップページ | お試し無料期間 »