« 運転免許 | トップページ | 休日救急委員会 »

2004.05.09

蕎麦屋

今日は遅くなるほど降水確率が高いというので、なるべく早く走る準備をしようなんて思っていたら、10時過ぎには本気の雨になってしまっていた。しばらく空を眺めていたがキッパリと中止決定。昨夜遅くに走っておいて正解だった。
昼過ぎに息子の運転で蕎麦屋に行くことにした。初心者の運転はやたらと左に寄りすぎる。助手席で電柱の横を通るたびに、ワォっと声が出る。おい、おい、送りハンドルでハンドルを戻すなっていうの。
この蕎麦屋さん、ふつうのお宅のダイニングルームに10席のテーブル席をしつらえただけ。玄関のドアの上に「夢玄亭」という看板が掛かっている。知らないで入るのは少し勇気が必要だ。脱サラしたご主人が一人でやっている。平日はそれで充分のようだが、土日は奥さんが手伝っている。固定経費はほとんどなしとお見受けする。私と息子は「もり2枚」カミサンは1枚、といっても半分私の分をくっちまうから二人で1.5枚。卵焼きとかき揚げを追加。ここのかき揚げは塩でいただくのがよい。隣の席の夫婦はうちと同じオーダーで冷酒をやっている。車は息子が運転するのだから飲んでもいいのだが、日曜日の昼から冷酒をやると一日がそれでおしまいになってしまう。ここは冷蔵庫を眺めながらぐっと我慢である。そばの量は有名店ほど少ないが、ここはまだ有名店のお仲間入りしていないのでそこそこの量がある。少なくとも一枚3口ということはない。まあまあおなかいっぱいになって帰ったら、酒を飲まなかったというのに眠気が襲ってくる。結局、タイガースの大逆転劇を見て、サッカーを見て、うたた寝していたら一日が終わってしまった。こうして年を取っていくのだ。

|

« 運転免許 | トップページ | 休日救急委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4860/565475

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦屋:

« 運転免許 | トップページ | 休日救急委員会 »